第6回 ポリプロピレンの性能と用途

ポリプロピレンはコモノマーとの共重合の形態により、ホモポリマー、ランダムコポリマー、ブロックコポリマーの3タイプに分類されます。ポリプロピレンの性能と用途は次の通りです。

(1)性能

 

  1. 比重は約0.9であり、プラスチックの中では最も低いクラスに属する
  2. 結晶化度が約40~75%と高く、強度・弾性率が高い
  3. 耐衝撃性、耐摩耗性、耐熱性、耐水性、耐薬品性などに優れる
  4.  成形加工しやすい。
  5. ポリプロピレンの性能上の注意点としては、耐紫外線性、印刷性、接着性などの対応が必要になることがあります。 前記したように、ランダムコポリマーは、ホモポリマーより結晶性が低く、透明、靭性に優れた柔軟なポリマーです。ブロックコポリマーは、ホモポリマーより耐衝撃性に優れます。

(2)用途                                                                       

ポリエチレンと同様に、いろいろな成形方法を適用できるので、種々の用途に使用されています。代表的な用途は次の通りです。(図3)

  1. 射出成形品   食品容器、冷蔵庫トレイ、洗濯機水槽、自動車バンパー、コンテナ
  2. 押出成形品   フィルム(食品、容器などの包装)
  3. モノフィラメント(ロープ、人工芝)、繊維(カーペット、フィルター)
  4. 中空成形品   洗剤、食品などの容器、輸液容器

<射出成形品>

PP食品容器など

食品容器等

<押出成形品>

PP製包装フィルム

包装フィルム

<中空成形品>

PP洗剤容器

洗剤容器など(ボトル部分)